2013年01月27日

プリンストンテクノロジーJot Proスタイラスペンの反応が悪いなど不具合の直し方

私も愛用しているプリンストンテクノロジーが販売しているスタイラスペンのJotProなんですが、どうも個体差があるらしく、買ったままの状態では反応が悪く使いものにならないという事例が発生しているようです。

私も実際にJotPro1本とJotPro Dampening2本が、開封後数時間でものすごい筆圧をかけてゆっくりペンを動かさないと、つながった線が描けないという不具合に遭遇。

3本試して全部ダメなんだから、こんなのまともな製品じゃないと見切りをつけて、DAGi P508っていうのを買って、そちらを愛用していました。

JotProについては完全に使用をあきらめて、返品したDampeningモデルではない普通のJotProは引き出しにしまってあったんですが、何日かたってふと思いついたのが、”先端の透明ディスクを交換してみてはどうか”ということです。

さっそく、ネットショップで透明ディスクを注文し、新しいものを取り付けてみることにしました。
大きな不安をかかえながら、iPadで試し書きをしてみると、あら!不思議。
すらすら〜っと軽〜いタッチで線が書けるではありませんか!!

というわけで、以前の不具合は出荷時についていた透明ディスクが悪かったんだとう結論にいたりました。

そして、私が経験した以外にも対処法があるようなので、まとめてご紹介しておきます。

1.透明ディスクを外して付け直してみる
2.Dampeningシリーズなら軸(ダンパー部芯)を抜き差ししてみる
3.導電性のグリス(接点グリス)をディスクの金属部とペン先のディスク内におさまる部分に塗ってみる
4.新しい透明ディスクを購入して交換してみる

いまのところ、対処法はこれぐらいですかね。
ほかに方法をご存知の方は、コメントいただけると助かります。

探してみると色々な対処法があるんですね。
でも、製品として個体差があり品質が安定していないというか、不良率が高い製品なのかもしれませんね。
買う側としては2000円以上もするわけですから、スタイラスペンとしては高級な部類に入るので、安心して購入できる製品を供給していただけるよう努力をお願いしたいところです。

■JotProシリーズ
プリンストンテクノロジー スマートフォン対応スタイラスペン Jot Pro Capacitive Touch Stylus (ブルー) JOTP-BUプリンストンテクノロジー スマートフォン対応スタイラスペン Jot Pro Capacitive Touch Stylus (ブラック) JOTP-BKプリンストンテクノロジー スマートフォン対応スタイラスペン Jot Pro Capacitive Touch Stylus (シルバー) JOTP-SV

■JotPro Danpeningシリーズ
プリンストンテクノロジー スマートフォン&タブレットPC対応スタイラスペン Jot Pro (Dampening) ブルー JOTPD-BUプリンストンテクノロジー スマートフォン&タブレットPC対応スタイラスペン Jot Pro (Dampening) ガンメタリック JOTPD-GMプリンストンテクノロジー スマートフォン&タブレットPC対応スタイラスペン Jot Pro (Dampening) レッド JOTPD-RD

■JotMiniシリーズ
プリンストンテクノロジー スマートフォン対応スタイラスペン Jot Mini Capacitive Touch Stylus (ブルー) JOTM-BUプリンストンテクノロジー スマートフォン対応スタイラスペン Jot Mini Capacitive Touch Stylus (レッド) JOTM-RD

→プリンストン直営オンラインショップはこちら!
posted by ハイテクさん(yuji192) | 滋賀 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | iPhone/iPadな話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私も使ってみた所、反応が悪く使い物にならず対処法がないか探してここにたどり着きました。導電性グリスが手元になかったので、鉛筆の削りかすをディスクにペンが納まる窪みに入れた所改善しました。 ディスクの動きも良くなり使い勝手は良好です。 一時はお蔵入りになるところが、貴殿のサイトのおかげで見事復活致しました。ありがとう御座いました。
Posted by めそ at 2013年08月12日 13:38
>めそさん
コメントありがとうございます!
ほほ〜!鉛筆の削りカスといえば、芯の部分ですね。これは新しい技ですね。導電性グリスがなかったおかげで新しい復活方法を考案されるとは!
こちらこそ、新しい復活方法を教えていただきありがとうございました。
Posted by ハイテクさん at 2013年09月04日 22:07
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/316558618

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。