2009年11月01日

VOX ToneLab STを買ったさ!

091101_2038~0001.jpg


実は昨日ライブだったんですよね。
しかも京阪電車の中(^o^)!

そしてそのライブで初めて使用したのが、このマルチエフェクター(アンプシミュレーター)のToneLab STです。

小さくて持ち運びに便利な上に、値段も安くそこそこ音も良いという情報を仕入れたので、1ヶ月ほど前にほぼ衝動買いw

これ結構人気商品みたいで、店頭で在庫切れが多かったんですが、アマゾンを通じて北海道のお店に在庫ありだったので、即行でポチッ!として購入しました。

14800円ぐらいだったかな。お手ごろな値段だったのでついつい買ってしまいました。

で、私にとって肝心の歪みの音ですが、アンプシミュレーターの種類が多いうえに、歪み系エフェクトも多彩とあって、なかなか自分が気に入る音を見つけ出すのが大変ですが、十分使える音質だな〜と感心しました。BOSSのME−20と比較しても歪み系重視ならToneLab STの方が良いですね。

ただ、やっぱり単体のエフェクター陣にはかなわないところとかがありますけどね。ひとつ気になったのは、歪み系の音を使っていて和音の鳴りは申し分ないんですが、同じ設定で単音を弾いたときにちょっとものたりないというか、ベタっとした音になるなぁと感じるときがありました。そんなにいじり倒して作った音じゃないので、音作りしだいで変わってきそうな気もしますが、値段が値段だけに高級機材を使っておられる方なら色々と不満はでてくるでしょうね。

でも初めてエフェクターを買う方や、初心者の方にはうってつけのエフェクター(アンプシミュレーター)といえそうな逸品ですね。
大人気で在庫薄なのもうなずけます。

VOX ToneLab ST アンプシミュレーター/マルチエフェクター
VOX ToneLab ST アンプシミュレーター/マルチエフェクター
VOX
売り上げランキング : 10692

おすすめ平均 star
star機能/コストのバランスが良い。音も良い。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


posted by ハイテクさん(yuji192) | 滋賀 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | バンド活動な話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月20日

BOSS ME-20 マルチエフェクターを買ったさ!

081120_2117~0001.jpg

子供が出来てから一年ほどバンド活動が休止状態だったのですが、メンバーから突然バンド再開の連絡が入り、活動開始となりました。

で、私はギターをやってるんですが、音作りに使うエフェクターが今現在コンパクトのものしかなく、マルチエフェクターのようにいくつもの設定が記憶できないことに不満があったんですよね。

でも、コンパクトエフェクターにしている理由は、マルチは音が痩せるとか、多機能すぎて使えないというところが大きいからなんですよね。いままでに使ったマルチエフェクターは5つぐらいでしょうか。BOSS、KORG製品が多かったです。価格帯もリーズナブルな3万円〜6万円ぐらいのものですね。

これだけのマルチエフェクターを体験してきてコンパクトエフェクターを使っていたのに、なぜまたマルチを買ったのか?
これは、いまの私の欲求をすべて満たしてくれていたからなんですね。

1.価格が安い!2万ちょいで買えました
2.非常に小さくコンパクト(A4用紙ぐらいです)
3.搭載されているエフェクターが必要最小限でややこしくない
4.外部入力端子がついている(外部音源を流しながら練習できる)
5.ヘッドフォンをつなぐとアンプシミュレータが作動する
6.ヴォリューム&ワウに使えるペダルがついている
7.パラメーター設定がつまみで感覚的に出来る
8.音が良い

ね〜。結構な欲求を満たしてくれてるでしょ。
最終的に音が気に入らなければ絶対に使えないエフェクターなんですが、良くも悪くもBOSSな音ですね。
ME−20を使われている方のブログで使用感を読んでいると、空間系が抜群に良いとか、パススルーっていうのかな?エフェクターを一切かけずにスルーさせて出した音の劣化がほとんどないとか書いてましたが、実際つかってみての感想は…

まだほんのちょっとしかさわってないので、すごく限定的に書きますが、空間系が良いか悪いかは私の耳にはさっぱりわかりません(^^;)。
パススルーさせた音に関しては、すごくいい!!
一発目に音を聞いたときに本当にマルチエフェクターを通してこの音なの?と耳を疑うほど劣化が感じられないんですよ。これには本当に驚きました。

で、エレキギターと言えば歪み系が肝心だと思うのですが、オーバードライブとブルースドライブとディストーションを軽く使ってみましたが、オーバードライブとブルースドライブは、かなりいい感じです。
ギターのボリュームをMAXにするとちょっとあれなんですが、シングルコイルのセンターピックアップでギター本体のボリュームをある程度しぼってやると、ジャリャーン♪って感じ(←伝わらんって(笑))で、自分好みの音がでるんですよ〜。
TONEもよく効くし、さらに4バンドイコライザーもついているので、かなりいろんな音色がつくれますよ。

で、ディストーションはいかにもBOSSって感じで、あんまりまだいじってないのもありますが、ちょっと自分好みではないかな〜なんて思いますが、アマチュアの趣味レベルに使うには十分実用レベルだと思いました。

ME−20の製品詳細と音の確認はBOSSの公式サイトでご覧あれ〜!

あ!注意しておきたいことは、このME-20は電池駆動が可能なんですが、そのためかACアダプターが付属していません。なので、PSA-100PっていうACアダプターを同時購入されることをおすすめしますよ〜。

しかし、よくここまでわりきった製品をだしてくださったもんだと感心しますね。いままでは、これでもかこれでもかと機能を増やしていくばっかりで、使う側がついていけないような製品が多かったですが、自由度が低い分、わかりやすく割り切って使えるというのがありがたい製品です。

エフェクターを初めて購入しようという方や、自宅練習用に手軽なエフェクターが欲しい方にいいかも!音ヤセがひどいマルチエフェクターや高価で多機能なわりにややこしくて使いづらいエフェクターとおさらばしたいという方にも最適ですよ!

アマゾンなら2万以下でゲットできちゃうぞ〜!!


posted by ハイテクさん(yuji192) | 滋賀 ☀ | Comment(4) | TrackBack(0) | バンド活動な話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月11日

つ…つ…ついにベ…べ…ベースをか…か…

080311_2127~0001.jpg

借りたーーーーー!!(笑)

そうです。何をかくそう…いやっ、かくしませんが、ついにギタリストがベースに手を出すことになりました!

トリオでの新バンド結成でぼちぼち活動を開始予定です。でも、うちのぼちぼちは、年に1回ライブするかしないかののんびりペースなのだ〜。

だから楽しい趣味のひとつとして、いまもつづけていま〜す。
posted by ハイテクさん(yuji192) | 滋賀 | Comment(0) | TrackBack(0) | バンド活動な話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。